【黒部源流縦走Ⅱ】①折立-太郎小屋-黒部五郎岳

二泊三日で立山の西側。黒部川源流の北アルプス奥地をめぐる縦走に行ってきた。

一日目は折立から黒部五郎までの記録

二日目の黒部五郎から三俣蓮華・双六を経由し笠ヶ岳までの記録はこちら

https://smaileciyrcle.com/sugoroku/(新しいタブで開く)


三日目の笠ヶ岳からクリヤ谷ルートで新穂高温泉への下山はこちら

https://smaileciyrcle.com/suwari

富山駅-折立

まず前提として、今回の縦走では富山県の折立から入山し、岐阜県の新穂高温泉に下山する。

今回の山行で「折立-新穂高温泉」縦走における移動方法を模索した。詳しくはこちらの記事に記載する。

裏立山の登山口となる折立は如何せんアクセスが悪い。
車で行くと一本道しかない「有峰林道」で普通車で1900円の通行料がかかるし、バスはそもそも7月から9月の間しか運行していない。
しかも1日2本のみ(それも時間が登山には遅すぎるのだが…)

なので筆者は「富山駅近辺に駐車。駅から有峰口まで電車。有峰口から折立まで乗合タクシー」という選択肢をとった。

富山駅まで来て折立行きのバスが9月で運行停止していた事実を知る。
電車に乗ったほとんどの登山客は立山まで行くので、有峰口で降りる人数は基本的に少ない。

ちなみに夏季の富山駅-折立間のバスの折立到着時間は始発でも8:10。
初日の登山計画は無茶の無い程度に抑えることを勧める。

太郎小屋

折立から太郎小屋まで。初めの5キロは樹林帯。

木の根が多い。複雑に絡み合った木の根があったりして、珍しく飽きない樹林帯
最初の休憩所から劔山が見えるサプライズ
5キロ歩いて開けたら後ちょっと…と思いたいところだが、なんと小屋までまだ半分前の地点

ひたすら整備された階段を上る
左手には薬師岳がよく見える
最後木道を越えれば…
太郎小屋に到着!
背景に裏立山を一望

この太郎小屋が「北の薬師岳・東の雲の平・南の黒部五郎」と、裏立山の三本の分岐点となる。ここで別れてどのルートを選んだとしても、裏銀座に抜けない限り三俣蓮華で合流するんだから何度も来る甲斐がある。

北ノ俣岳

太郎小屋から太郎山に登ったあとはしばらくチングルマの咲くこだかい丘をいくつかこえていく

裏立山を見る方向が徐々にかわる様を眺めるのもまたこのルートの魅力だと思う

太郎山山頂から薬師岳
かなり整備されている
眼科には雲の平
直下はややきつい上り

黒部五郎岳

北ノ俣岳から中俣乗越まで一度下ってから頂上直下までは一気に上る。
この日最後の登りといえど、そこそこな距離歩いてきているので足に応える

中俣乗越から最後の上り
この道中初めて岐阜側が見えてくる
薬師岳水晶岳鷲羽岳

頂上から黒部五郎小屋に向かうならば、黒部五郎の肩からはピストンになる。
ので、荷物をデポして山頂へ

黒部五郎の肩

山頂からは劔立山薬師水晶鷲羽…

全てが一望できる

登頂
小屋へはこの左側の稜線と谷を下っていく

黒部五郎小屋

黒部五郎山頂からは黒部五郎小屋までの谷は、切り立った黒部五郎の東壁の下を沢が流れ、その辺一帯にちりばめられた虹色の紅葉が実に美しかった。

くまなど獣が出てきたら、共に踊れるんじゃないかと感じてしまったほどには、自分が自然に溶け込んでいるように感じた

東壁直下の沢。小屋から15分くらいの場所にも沢があるので、無駄に水を購入したくない人は汲んで行くことを勧める
沢から山の裾に沿って下っていく。
虹色の紅葉。鹿をつければそのまま花札になるような風景
小屋が見えた。山頂から小屋まではほかの山ではないほど距離がある。
この日のテン泊。笠ヶ岳を眺めながら

この日の日記はこちら

https://smaileciyrcle.com/oritate_koziki

二日目の黒部五郎から三俣蓮華・双六を経由し笠ヶ岳までの記録はこちら

https://smaileciyrcle.com/sugoroku/(新しいタブで開く)

よかったらシェアよろしくお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Next
裏立山縦走。折立から…
Cresta Posts Box by CP