冬期乗鞍サイクリング【山サイ】

雪が積もったらチャリでしょ

一般的常識人

冬になったし、そろそろ自転車シーズンは終わりかなぁ。

逸脱した天才

ちょっと良く分からない

夏はチャリ。冬もチャリ。

ただちょっと乗り方が違うだけ。

てことでね、
チャリンコ担いで乗鞍昇ってきました

理由なんて「おもしろそうだから」で十分だとおもいませんか?

予定

チャリで乗鞍に来た人はほぼ必ず使うと言っても過言ではない三本滝レストハウス。

10月を過ぎるとここは通行止めになる。

車で行けるのはその下の乗鞍温泉郷の休暇村まで。
今回はその下の乗鞍温泉郷に車を置いて、チャリンコで畳平を目指す。

現実

決行日の天気予報がこちら

Windy.comより

剣ヶ峰。
日中の気温-7℃。最大瞬間風速38m/s。
てんくらは当然C。

前日入りし、温泉郷の極上の温泉に使っていた著者含めた参加者三人は、11月とは思えないスピードで積もっていく雪を眺めながら、「明日は無理だな〜」などと中止を確信していた。

回復中の著者

この温泉入れたなら来た価値あったわ〜🌞

決行

朝五時。中止を確信し、一応かけたアラームをガン無視していたが、残り二名の参加者がやってきた。

最大防寒にて黙々と準備をする前日入りの3人。

外に出てみると思ったほど寒くはなかった

行けるとわかるとテンションがぶち上がってしまうもの。

この日の参加者はそんなアンポンタンしかいなかったと著者は推測している

乗鞍雪中行軍、始動

朝5時半。進軍開始。

全然乗れるやんけ!!!

この時除雪していたおっちゃん、すれ違った車は僕らの常軌を逸した行動にさぞかし脱帽していたことであろう。

つまり天才という意味である。

ただし路面か見事なまでのアイスバーン。油断するとこうなる

立つことを諦めない産まれたての子鹿。なんとけなげで儚いのだろう。

休暇村からは当然除雪車も入っていない。

轍をゆこうとするも、最終的にはBCの人たちが登る道からゆくことに。

それでも気合で乗る後輩たち。

担ぎあげ開始

後輩たちにとっては初のチャリンコ担ぎあげ。今年卒業する僕と一個下の後輩が担ぎ方を伝授していく

みんな筋がいい

あとは単純だが、乗れるところは乗って、乗れなかったら埋まって転けて、、を永遠と繰り返す。

著者より後輩たちの方が乗る気満々で上手かったね〜!

黙々とおしていく
個性強すぎて細かな足並みが全く揃わない参加者達①
個性強すぎて細かな行動が全く揃わない参加者達②
第一次SUCC乗鞍雪中行軍
スキー場が見えてくると馴染みの場所まであと少しだ

三本滝レストハウス

チャリ乗りたちがこぞって車を置き、畳平を目指し出発していくあの三本滝。

雪に埋まったR84の看板のおかげで、ここがエコーラインだと思い出させてくれる。

左奥の看板。正面の施設に見覚えはないだろうか
駐車場は一面の白銀

この屋根の下がちゃんとした椅子と屋根のある唯一の休憩場所だと言える。

休憩をしたら、ここからが本番

ガチラッセル

三本滝から先、トレースのひとつもない。

先頭を交代しながら膝下まで積もったフワッフワの雪をかき分けていく

はいしんどいー
スキー場上部から。なぜこのフワッフワのパウダーを前に板ではなくチャリを持っているのか。

時間的にも畳平は愚か、位ケ原山荘までも行くのは厳しい。
(降雪極寒の時点で分かってはいたが)

これ以上担いで行っても目標となる地点もないので、苦渋の決断でチャリは捨てていくことに。

最後まで担ぎたがっていた変態(プランナー)

チャリがなくて楽になったものの、ラッセルがしんどいことは変わらない。

黙々と道を進む

凍りついた滝

写真中央。巨大なつららは全て滝
7割氷った滝は人の手も加わっておらず、なんだか幻想的

お風呂

ザブーン(筆頭:著者※最上級生)

気持ちいいんだこれが…!笑

昼飯

折り返しは標高2000m地点にした。

特別な看板があるわけでもなんでもないが。

木の下の開けたスペースでみんなでご飯を食べた

ハンバーガー

ちなみにこのケチャップは、昨晩コンビニで買ったアメリカンドッグの分。
ハンバーガー食べるために何かを犠牲にしてしまうほどのガチさよ。

パウダーダウンヒル

帰りは行きに頑張った分のトレースがあるので比較的楽

これは後輩が早すぎて追いつけない貧弱先輩(本当に追いつかなかった)

チャリを持ったら下るだけじゃーい!

帰りに待つのは下りと温泉のみ。ハイテンション
ハイテンションコーハイ

ゲレンデはかなり斜度もある!これなら全て乗ってくだれるかもしれない!

その結果がこちら

十八番炸裂

著者はこのリプ欄を見て笑っていたので一目見ることを勧める。

段差がなく、雪も少なめのゲレンデではスキーのように曲がることも出来た

こんなに贅沢にゲレンデを走れることはこの時期しかない。

後輩の評価もよく、著者自身も予想以上に楽しんで終えることが出来た。

この後の雪を眺めながら乳白色の温泉に浸かる時間も最高でした〜

総括

夏はチャリ。
冬もチャリ。

大人の雪遊び
~完~

よかったらシェアよろしくお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です