Chile

Day271 フィヨルドの船旅

11/30
Hornopiren→Caleta gonzaro→chaiten10km手前
55km

朝はなかなか遅刻気味でドタバタで準備し宿をでて、すぐ近くのフェリー乗り場へ行くと

昨日の犬達が。
おまえたち。ここにすんでるんだ?
俺と違って優しいやつに食べ物を貰うためにな?
フェリーに乗るには当然チケットを見せる必要があったのだが、昨日の雨でびしょびしょの見るも無残な紙切れになっていた。
確かにあってはいるんだけど、これでは機会で読み込めない(バーコードがあった)ため、再発行してこいと言われる。
めんどくさかったが、事情を説明したら呆気なくなってくれた。
正直金を取られると思って緊張してた

乗船

国営です

二階から

出航!

いつもなら外でずっとぼーっとしてるが、中にコンセントがあったことと、外が寒すぎたため撤退

中でずっとブログを書いていた。
ここで遅れた分も完璧に追いつく。
まぁ投稿できてないんだけどね笑
こればっかりは電波次第

到着。
14:30ころだったかな。中にはたくさんチャリダー。
昨日一緒に工事を待っていたドイツ人のおっちゃんもいた。間に合わかなかったと思っていたら、フェリーの反対サイドに自転車をとめてあったらしい

さらばー

ドイツ人×3+ハポネス1人で、写真をとってもらう

自ら声をかけておっちゃん一眼もってたのにファインダーすら覗かず写真を撮る。
おまえ。なんのために一眼もってるんだ?
ほとんどボケてるだろ

そして一人進む。
皆は昼飯を食べていたが、僕は船内でマルちゃんを頂いたのでそのまま行ける。
…本当ならみんなと漕ぎたいのに。
年末に帰らねばならないからなぁ

ダートが続く。森の中をダートも道を作るために切り開いた感じ。

アップダウンが多め。砂利が多いところは後輪が滑り進まず、苦労した

滝と看板があったのだが、近くになく、わざわざ行く気もしなかったので行かなかった。いくらでもあるし

登る

渡る

下る

そしてまた登る
なかなか大変だったが、今思うとここが1番”森のトンネルの中を進んでいる”感があって楽しかったな

上の写真を登り切ったあとの景色はよかった

木々の間から川と山

下ってまた湖

水の青が美しい

チャイテンの街まで言ってしまおうかと思ったが、イルカが見れるとのポイントを10km手前で見つけたのでそこで終わりにする。

テントからイルカを待つ

まつ↑右の人たちもイルカ待ち
結局現れませんでした(´;ω;`)

-Chile