Day237 雹×雨翔けるダウンヒル

10/27
Iscahuaca▶chalhuanca
80.3km
その日の夜信じられないほどの頭痛に襲われた
いや、明け方だったんだろうか。もう何も見ることも考えることも出来なかった
仕方が無いので、これまでこんな高度で高山病になって、耐えられなくてどうする!と、飲まないでいた頭痛薬を寒すぎる部屋でバッグの底から探し出して飲むことにした
持ってきていた痛み止めがいつまでたっても効かなかったので、大昔ニュージーランドで彼女が○玉のたまにくれたイブクイックを飲んだら、気づいたら寝ることが出来た
遅寝になったがパンク修理をしなければ
さくっと治して、身辺整理
そのあとオーナーさんお茶を出してくれた
ペルーのお茶はなんと砂糖を入れる
これがうまいんだなぁ
三種類ある
その後お別れして町中へ
宿泊料ただにして下さった
本当にお世話になりました
その後街に戻って昨晩と同じレストランでブランチもう11:00だったことと、キッチンがなくて朝食が作れなかったこと、ここから先に街がしばらくないことから戻ることにした
メイン8s、ココア2s、インカコーラ?sで合計10sだったんだが…
負けてくれたのかな?間違えたのかな?
わからんけどとりあえずありがとう!
(この日からストラバ使い始めました。アンデスのど真ん中で)
登っているとイスカウアカの街の外れにハート型の池を見つけた
やたら併走してくる羊
これ古民家に干してあったんだけど…
なんだ。。
犬か?
今日も羊はたまにしか通らない人間などお構い無しに道路を歩きます
登坂の終わり
初めてアンデスと書かれた看板を見つけた
👩:街中に動物が出没しました!
ニュースにしてたらキリがない
ダウンヒルスタート
ここから雹と大雨に振られる
初めはトラックにぴったりついて行ってしのごうかと思ったが、凌ぎきれないのでくだりのあぜ道で雨具を着る
牛が物珍しそうにその一部始終を見ていた
下りはとにかく痛かった
雹が
それに加えて次第に濡れる靴
僕のトレッキングシューズは防水ではない
今どきはやらないなと思いながらも、
次第に染みて行く靴になにか買わなければダメだと気づく
まぁどうせビニール袋履いて走ることになるんだろうけどねw
丘の上から
雨なのでカメラが出せず、、動画しかない
あっという間三時くらいにチャルアンカに着いたが、ずぶ濡れで超寒いので暖かいシャワーがでるホテルに行くことにした
チェックインしたいのに誰も人がおらず、バイクツーリングのおっちゃんに助けて貰った
入ってから部屋掃除してるんだけど、、遅くないか?
入った部屋もすぐシャワー出ないし
15分ほどだしたら出たんだけだどんだけ遅いんだ。
クレームつけてしまった
なんとか温まってがぬるくてお湯でなくて結局寒かったので毛布にそのままくるまる
ずぶ濡れの靴は中にティッシュを詰めてタオルで包んでおいた
温まってから街へ夕食へ
なかなか人の入っているレストランが見つからなかった
やっと見つけたレストラン
子供がお手伝いしていた
その中の一人の男の子にめちゃくちゃ話かけられる
初め女の子だと思ったらしい
色々話したが、連絡先を聞いてきた時に自転車で世界一周していると言ったらびっくりしてママの方にいってしまった
先に子供は帰ってしまった
しかしお会計に行ってみると8sと言われた鶏肉が5sになった
半額じゃん
どうもありがとう
その後久しぶりのスーパーで興味のあるもの全て買ったら29sになってしまったんだけど…
鶏肉6個食えたな …

よかったらシェアよろしくお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Next
10/28 Chal…
Cresta Posts Box by CP