Day154 駅避暑

8/5
D950沿い▶poitiers▶châtellerault▶descarte
98km
 

【日本縦断の思い出3.5】
大事な思い出を書き忘れてました。
函館でラッキーピエロ(限定チェーンハンバーガー店。行かなかったら函館の9割を損していると言っても過言ではない)を楽しんでから、青森下北半島へ。
 
本州最北端大間岬で出会ったのは日大サイクリング部の三人と九州から趣味でツーリングで旅をしていた門田くん。
一緒に岬を観光してから定番のマグロを5人で食べに行く!
 
日大の森とは今でも連絡を取る仲です。
門田くんはもう一日共に行動しました。雨の中笑
 
 
 
 
 
 
写真を撮り忘れたが、街の外れの植木に囲まれた車用の休憩所。街の人がこれるほど近くないし、かと言って夜中に休憩しようと思うほど綺麗な場所でもないので選んだが、大当たりだった。
ベンチもゴミ箱もあり、快適だった。
 
少し寝坊した。朝飯を食べたらまた全然走れないまま昼を迎えて暑さにやられて走れないという連鎖が見えたので、朝飯は諦めた。
 
スーパーの九時開店まで待って水を組んでから先を急ぐ
 

 
隣町の公園にあった自転車屋の看板は 
 

 
全て自転車のパーツでできている。
自転車愛がよく伝わってくる
これだけの自転車の廃材を持っていることもすごい
 
今日は調子が悪くはなかった。
休憩してもチャリから降りず、立ったまま補給して3h頑張って進んだ。
やはり午後の猛暑タイムには耐えられない
 

 
ポアティエに1:00に着いた
ノートルダムラグン大聖堂
 
中は実に涼しい
 

 
無数の協会や聖堂を見てきたが、日本とは違ういちばんの魅力はこの施された細かい装飾だと思う
 

 
祭壇裏
 
観光案内所で情報をGETし、暑さにやられて座っていると地元の子供たちに話しかけられた。
 

 
めちゃくちゃ興味津々に聞いてきて、こちらも話していて楽しかった
 
ドリンクバーのないこの国での休憩所はツーリストオフィス充電もできるし、実に助かる。
しかしこの日はあいにくの休業
 
観光案内所にて充電できる場所を聞いて駅に来た。
(のちのち家に泊めていただいた時に聞いたのだが、フランスは駅に行けばだいたいフリーのコンセントがあるらしい)
 
駅の窓際の太陽が当たる席で延々充電してた
 

 
フランス人の黒人の女性が頑張って英語で話しかけてくれた。助かるー 
隣に座る人はコンセントの位置がわからずよく教えてあげた。
 
1度、電車賃に1ユーロ欲しいという人が来た。
これは何度も経験してきたが、全て断わってきていた。
しかし今日は今まで断わった人の分もあげてあげようか。と思えたことと、その人が本当に真剣な目をして頼んできたので上げてみた。
 
すると、本当に感謝してくれたようで、充電していた僕を見て、帰ってくるまでモバイルバッテリー使っていいよ。と、貸してくれて、本気だでお金足りなかったんだなぁ。とわかったことと、本気で感謝してくれて嬉しかった。
 
この一ユーロは人の心を確かめる意味でもあげてよかったかなぁと思う。
(次もまたあげるとは言ってない。)
 
 
4時半頃にまだ収まる様子のない太陽の元を走り出す
 

 
僕はモヒートが好きですね  ※そうじゃない 
 
4時間走り続けて決めた宿泊地は、小さな街の外れの並木に囲まれたベンチの横。
 
綺麗好きの僕が毎日入る温泉を紹介します。
 
 
①毎日暑いので沸かす必要もありません。
 

 
②タオルを突っ込んで
 

 
③体を拭く!
 

 
以上です!!
 
毎日温泉のおかげでさっぱりした気持ちで寝ることが出来ております。
 
ああ今晩もまた気持き夜を迎えることが出来た…

よかったらシェアよろしくお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Next
8/6 Descar…
Cresta Posts Box by CP