四国

【四国】Day4-1 香川うどん食べ歩き&おすすめ

丸亀▶高松▶鳴門▶徳島

夜の重要性

ちゃり旅を長期間楽しむために、「夜を楽しむ能力」はかなり重要な一因だと思う。ちゃり旅で最も長時間休憩できる場だからだ。

この時間を上手く過ごせず、疲労が溜まっていく。さらには一日に走る距離ばかりに気を取られて毎日ただ走るだけのチャリ旅は、尊敬するしすごいと思うが楽しくはなさそうだな、と思う。

具体的に夜の過ごし方が下手な例としては、夜遅く寝床に着き、朝早く出ないといけないものになっている、人がうるさい、虫が多くて寝れない、夜することが無いなどが挙げられる。

経験則もかなり大切になってくるが、コツを知っているだけでこの夜が裕福な時間に変貌する。

朝テントを出たら絶景が拡がっており、湯を沸かしコーヒーを飲みながら本を読む。

そんな時間が30分あるだけでも緊張や疲れがかなりほぐれ、ちゃり移動の意欲も湧いてくる。

いつか野宿ノウハウについてまとめてみたい。

この日は都会でありながらテントを出ると瀬戸内海を一望できる場所に宿泊。

香川うどんファイト

香川といえばうどん。うどんといえば香川。うどん県と公に宣言している香川県でうどんを食べまくらないわけがあるか?いやない。

朝イチだったので昼がメインのうどん店は開いていない場所も多かったが、僕が実際食べた場所を軽く紹介すると共に、調べてぜひ行きたかったお店についてまとめるので、役立てていただけると幸いだ。

ついでに僕が次きた時この記事を読み確実に食べたい店に行けるような準備を整えておきたい。

One for all. All for one.

自分勝手すらこんなに綺麗な言葉で締めくくられてしまう。言い回しって大切。

基本的に範囲は高松市からほど近い場所に限定し紹介していく。

訪れたうどん屋

”他店と何が違うか”を重要視して書いていこうと思う。香川のおっちゃんが「うどんそのものはどの店もおなじ」、なんておっしゃっていたが、素人舌でも特徴があると感じた。

贔屓無しの率直な感想を綴っていきたいと思う。

こだわり麺屋国分寺店

香川うどんチェーン。早朝から営業しているうどん店ということで、県内民からも支持が強い。麺はコシがある。

アルバイトの子がめちゃくちゃかわいい。ここ重要。

鰹節を乗せてくれるのも特徴
いかにもチェーンという外装

ちなみに国分寺という、高松から西に5-10kmほど離れた地区だが、国道沿いにかなりのうどん店が立ち並び、人気店も数多く存在する。足を伸ばせる方はぜひ。

http://kodawarimenya.com/shop_detail08.html

中西うどん

高松市街地から南に5kmほど離れた場所。冬季限定で「しっぽくうどん」というけんちん汁のようなうどんが食べられる。

夏は食べることが出来ず、アナゴとぶっかけを頂いた。麺は比較的太め。コシはややある

アナゴはサクサクふわふわ
古い看板がいい味を出している

https://www.nakanishiudon.com/

讃岐うどん上原屋本店

駅前から2キロほど南の交差点角に位置する。唯一高野豆腐の天ぷらが食べられる。出しに浸っていて甘い。麺は比較的細めでコシも少なめ。

高野豆腐天ぷらはおやつとしても食べてしまえそう

http://ueharayahonten.com/

この辺りでお腹が苦しくなってくる。何故うどん+ひと品の縛りプレイを初めてしまったのか。

誰もそんな縛り設定していないのに、初めてしまったらうっかり完遂したくなってしまう。よくない。

手打ち十段うどんバカ一代

高松駅前。高松のうどんと言えばここ。釜バターという、うどんにバターと卵を乗せて出汁をぶっかけるという、ギルティ卵かけご飯のうどんバージョンのような個性的なうどんを食べられる。コシはほぼない

卵に絡まったバターと卵が美味

http://www.udonbakaichidai.co.jp/?mode=pc

ここで腹がはち切れてギブアップ。フードファイトのメリットについて考え出すくらいにはくるしかった。

行きたかったけど行けなかったうどん屋

香川のうどんは昼がメイン。朝に回ったため空いていなかった店も多い。そんな行きたかったけど行けなかったお店たちを紹介することで、ついでに次回来た時に片っ端から食い尽くしてやりたいリストとして使わせていただく。なんて都合の良いAll for oneなんだ。

竹清

高松駅前。セルフうどん発祥の店。ちくわ天と味玉を揚げた卵天が人気。

7年前に初めて入ったお店だが、ここの卵天は絶品で、以来卵天の虜になってしまった。

どこのうどん屋にも卵天はあるが、ぜひここで食べていただきたい

七年前の写真を引っ張り出してきた

http://chikuseiudon.com/

うどんの田

高松市街地から南に7kmほど。肉うどんや、焼豚を乗せたうどんが人気


https://maps.app.goo.gl/dKoBkyyz2AZX7pbM7

池上製麺所

市街地から南に10kmほど。庶民的なうどん屋でるみばあちゃんという名物おばあちゃんが切り盛りしているらしい。

https://www.sanuki-ikegami.co.jp/about.html

高松市街地のうどん屋

美味しいうどん屋は高松市のみでは無い。狭い香川の広範囲に拡がっている。その中で行きたいと思った数店舗も追加でリストアップしておく

本格手打ちうどん岡泉

丸亀市東側のうどん屋。香川のうどん屋にしては珍しくオシャレなレストラン風のうどん屋で、すだちやカボチャ、えび天をのせた「ひやてんおろし」が人気。

レビューに酷評のひとつ書いていないので本当に万人にウケる味なんだと思う

https://www.okasen.com/honten/

山越うどん

高松市から南にかなり進み山の麓までいくとある。元祖釜玉うどんのお店で、「かまたまやま」という卵をのせたかけうどんが人気

長田うどん

丸亀市から東に離れた場所にある、愛媛の友人がNO.1と称する店。釜揚げうどんが有名で、出汁は熱々のとっくりに入って出てくるらしい。

http://nagataudon.com/

香川のうどんまとめ

・うどん巡りをするなら昼。限定一時間のみオープンなんて店もあるほど。

・天ぷらの種類で差別化できるのみかと思っていたが、麺も一様ではない。食べ比べする価値はあり。

・食べ比べするなら高松市に限定せず、時間を置いて広い範囲を回った方が個性的な店を回ることが出来そう

・味玉を挙げた卵天がとにかく美味い。個人的イチオシ。どこにでもあるが、竹清のものを食べに行ってもらいたい

香川にお越しの際は是非参考にしてみて下さい〜

こばたく

ちゃり旅登山スキーを生業とする社会人のフリした永遠のちゃり部員
自転車旅歴10年目 21カ国 47都道府県を放浪
世界一周”夢ラン“19482km /日本縦断/四端制覇/キャノンボール/エベレスティング
夏は山でテン泊 冬はFree styleテレマーカー
夢は奥さんと世界中を旅すること

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

こばたく

ちゃり旅登山スキーを生業とする社会人のフリした永遠のちゃり部員
自転車旅歴10年目 21カ国 47都道府県を放浪
世界一周”夢ラン“19482km /日本縦断/四端制覇/キャノンボール/エベレスティング
夏は山でテン泊 冬はFree styleテレマーカー
夢は奥さんと世界中を旅すること

-四国
-