吹雪時々富士山【編笠山・権現岳・西岳】

2020.01.13

編笠山・権現岳・西岳縦走

2019-2020シーズンはひたすら南アルプスの冬山を登りつくしていました。

2020のデビュー戦として大学の同期Fと編笠西岳縦走、いければ権現まで挑戦という計画で臨みました

編笠岳

富士見のスキー場から登る

初めはたいして雪がない

1hほど登ると一面雪化粧していた

コケに雪が積もった様子は幻想的だった

山頂が近づくにつれて悪天候に

樹林帯を超えると雪はバーンになりカリカリだった

山頂は何も見えなかった

山頂から下ると青年小屋へ

小屋の陰で昼飯を済ませて権現へ向かうことにした

権現岳

樹林帯を再度抜けると天気は好転
右奥に権現小屋が見える

編笠から権現にほぼトレースはなく、二人でラッセルしながら進む。

この時だけは降雪量が少ない年で助かったと感じた

権現小屋手前。今までで一番滑落リスクが高い場所だった

滑落すればおしまい

山頂

あまりピークという感じはしなかった。

西岳

戻るころには外科医が見えるほどに天気が良くなっていた
正面に見えるのが青年小屋
権現編笠の稜線から富士山もよく見えた
西岳までは常に樹林帯だった。
山頂迄にラッセルのおかげで体力はそこそこ消費していた
鹿に見送られて今回の山行はおしまい

よかったらシェアよろしくお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Next
コロナ渦のお盆休み。…
Cresta Posts Box by CP